Reality Unseen feat.Othello -歌詞-(和訳)

Reality Unseen feat.Othello (和訳)



Verse 1


混沌の中心に希望を抱く 強くあるために 心を強く持て
あなたの目にも映るだろう
宗教をベースにした権力と支配 そこにある教会 あるのは形だけ
そんなものが世界中に存在している 何かを探し求めるために
その真価は如何に 理由は何か 
そびえ立つ尖塔 それを満たすのは人々の願いか 
汚い金の山か どちらにしても教会は教会でなくなった
魂はその建物の外へ抜け出し 漂うのみ
この世界へと漂い続け 真実を追い求める人々を癒すのだ
我らは神の子として この世にある存在 
予言を達成するために この世にあるのだ
胸をときめかせて 神秘を説いているわけではない
ただ神の代理として そのビジネスを遂行しているだけなのだ


Hook


何でも話すといい あなたの人生について 
その人生がうまくいってないとしても
信じる者こそが救われる 見極めるのだ
この世は世知辛いもの 
ありふれた人生よりも特別な何かを求め
目に見えない現実の中で生きようと必死なんだ


Verse 2


さあ どう思う 何がわかったというんだ 
どれくらい足を踏み入れたというんだ
考えろ 感じろ あるがままに
それが生きているということなのだから
聞いたところによると リアルってものの定義は 
実体があるかないかだとか
たぶん そういうことなんだろうな
だけど どんな馬鹿なヤツだって 風が吹くことくらい知っている
目には見えなくても そよ風が木々を揺らして 
木の葉を踊らせることくらい わかるものだよ 
そこに何かを感じるものなんだ
スピリチュアルな感覚って どんなことも感じることができるんだから
リズムにのってステップを踏むように
何もかも鵜呑みにしてしまうような連中に教えてやるのさ
陽の光を浴びるがいい
連中には陽の光の美しさはわからないだろう
瞳を閉じているとしても 心だけは開いたままにしておくがいい
そこには真実を教えてくれる開かれた窓がある
そのセンスを飛び越えるんだ
俺の信条が生み出すのは 現実という世界の喜び


Hook


Verse 3


はっきりさせてくれ
ありのままの自分でいてよいものなのか
周りと違うものを信じてもよいものなのか
そうだとしても なんでも鵜呑みにするわけじゃない
ふざけたジョークは笑い飛ばすだろうな 
人生を棒に振ってからも後の祭り
そんな姿はコミカルそのもの 
なんでうまくいかないか 悩むだろうな
自分ではコントロールできない何かに耐え続ける
それは太い字で記されている はっきりと
真実ってのはいずれわかるもの
助けが必要なはずなのに 助けを求めないまま 
すべてが正しいとは言わない
それでも俺はこう言うだろう 
我が魂は我の中にと
それは何か役立つものってわけじゃない 
それは邪悪に打ち勝つ神の存在
世の人々よ 俺は真実を知るための覗き穴を手に入れたわけじゃない
ノックしなければ その扉は閉じられたまま
鍵はかけられたまま
そこに信仰や信条が必要なわけじゃないんだよ

コメントを残す